Company
2010年度 富士ブルックス(富士株式会社野球部)
活動報告

2010年度 富士ブルックス(富士(株)野球部)活動報告

3月 箕面市春季市民体育大会

  • 1回戦
    今年入社した新人の加入により、攻守ともに昨年より厚みが増しました。その結果、打線のつながりが生まれ、数年前の勢いが帰ってきた感があります。初戦も先攻点を挙げ、追加点を重ねる流れを作り、優位な展開に持ち込めました。終盤、相手の打線も活発になり、一旦は同点に持ち込ましたが、スコアリングポジションにランナーを置いての、サヨナラ打により、7対6の接戦をものにできました。
  • 2回戦
    選手のスケジュール調整ができず、守備位置の変更を余儀なくされました。不慣れなポジションに廻る者もおり、ディフェンスの弱さがでて、6対2の残念な結果でした。

9月 箕面市秋季市民体育大会

  • 1回戦
    ベストメンバーで挑めた結果、初回から得点を重ねる展開に持ち込めた為、久々の快勝でした。9対2の5回コールド勝ちです。
  • 2回戦
    春の大会同様、メンバーのスケジュール調整が出来ず、ベストの状態が組めなかったため、1回戦とは真逆の7対0のコールド負けを喫してしまいました。

社会人野球では各チーム共、常にベストメンバーで試合に臨みたいのですが、仕事や家庭とのバランスをとるのが難しく、どこのチームも安定した戦力を確保するのが大きな課題です。
ただ、我がブルックスは新人2名の加入もあり、2009年の戦力からは確実にアップしています。久々にタイトル奪取の可能性が出てきた事は、間違い無く、選手もその辺を感じており、チームに活気が増しています。
ブルックスにとって2011年は楽しみな年になると思います。

富士(株)野球部主将  笠松真二

活動報告

ページTOPへ▲ページTOPへ▲